地球環境基金助成金交付要望書を提出

12月1日、地球環境基金に「バングラデシュ都市貧困層コミュニティにおける衛生管理を担う住民組織の能力形成」と題する活動に対する助成金交付を申請しました。

都市貧困層コミュニティを対象とする活動は、2012~2014年度、2019~2021年度の2度行ってきました。いくら給水設備や共同トイレを作っても適切な管理がなされなければ意味を成しません。今回は、実際に管理を担う組織のCapacity Buildingが課題です。課題克服のための一案として、ひとつひとつのコミュニティの枠を超えた共助の力で、衛生環境の持続可能性を高めることを提案しています。

交付要望書の抜粋はこちら(PDFファイル 114KB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です